Macical Mystery Tour

Home Lab

多様な手と足のアーカイブ

新しいサイト「多様な手と足のアーカイブ」をオープンしました。参加しているCREST「技能獲得メカニズムの原理解明および獲得支援システムへの展開」(リーダー:東工大小池英樹先生)に関連する研究成果をこちらにまとめていきます。内容としてはこれまでどおりの当事者へのインタビューが中心ですが、切断した方や欠損の方、難病の方の身体と技術の関係について、リサーチを深めたいと思います。グラフィックレコーディングは、清水淳子さんにお願いしています。

WS「視覚のない国をデザインしよう」映像&アニメーション

WS「視覚のない国をデザインしよう」のレポートが、森美術館のサイトに掲載されています。同日の様子を動画にまとめていただきました。

ダイジェスト版

Day1

Day2

Day3

WS「視覚のない国をデザインしよう」レポート1( Day 1&Day2)

160429mam030.jpg

ワークショップ「視覚のない国をデザインしよう」@森美術館、無事終了しました。イベントとしては3日間でしたが、最終プレゼンを行ったアドバイザーの方にとっては1ヶ月以上の長丁場。「全員が先天的に全盲の国とはどのような国か?」誰も経験したことのないこの極端な条件をトリガーにして、見える人も見えない人も、当たり前をくつがえす社会のあり方に思いを馳せることができました。(写真撮影:御厨慎一郎、提供:森美術館)

まず、Day1(4月29日:ハード編)とDay2(5月8日:ソフト編)は、抽選で選ばれた30名の方が集まって、アイディア出しをしました。グループごとにテーマが決められていて、アドバイザーのコメントをもらいながら、最初は自由に、後半は具体化を目指してディスカッションを行います。

アイディア出しをする上での「視覚のない国」のルールは3つあります。

1:全員が先天的な全盲

2:進化はしているかもしれない

3:東京のような場所に住んでいる

4:他国との外交はなし

テーマとアドバイザーは以下のとおり。

Day 1 ハード編

• 移動手段:清水俊貴(清水建築設計店、ひかりうんそう)
• 駅とまち:田村圭介(昭和女子大学 生活科学部 環境デザイン学科 准教授)
• 住まい・建築:成瀬友梨(東京大学助教、成瀬・猪熊建築設計事務所)
• 身の回りの道具:本多恵三郎(リーフデザインパーク株式会社、デザイナー)

Day 2 ソフト編

• 食:曽根雅典(nicolas代表、三軒茶屋のカフェnicolas料理担当)
• アート:松川朋奈(「六本木クロッシング2016展」出展アーティスト)
• 情報伝達:森内大輔(NHK デザインセンター 副部長)
• ルール作り・法律:横尾俊成(港区議会議員、NPO法人グリーンバード代表)
• 対話のための情報技術:渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 主任研究員)

参加者から出たアイディアのほんの一例をご紹介します。

・「身の回りのもの」という感覚の消失→いったん手を離れると再び手に取るのが難しい視覚のない世界では、「体に付かず離れず」の身の回りという感覚はなくなるのでは。スペインのバルのグラスのように、「これが私のもの」という所有への固執がなくなり、シェアを前提とした社会になるのでは。

・危険なものの基準が変わる→見える人にとってぶつかることは危険だけど、見えないとぶつかることが増えるので、「お互いさま」の領域が拡大するのでは。

・足の裏でコミュニケーション→遠くを見る必要がないので、4本足で歩くようになるかもしれない。仰向けで歩くようになると、最初に相手に触れるのは足の裏。

・社会のダウンサイジング→「察する」をベースにした社会だから、大きな社会にならないのでは。そうすると新幹線や飛行機といった高速移動もいらなくなる。

・擬態語の進化→触覚や嗅覚がいまより分節化されるようになるかもしれない。

グループワークで話し合ったことは、最後に一枚の模造紙にまとめてもらいます。

160429mam081.jpg

160508mam087.jpg

これだけ大規模な一般向けのワークショップを運営したのは初めてだったので、いろいろ勉強になったこともありました。たとえば、準備体操の大切さ。具体的なグループワークに入るまえに、見える人見えない人一緒になって、六本木ヒルズ内のママン周辺にある植物やらベンチやらビルやらを観察したのですが、「見えない」という条件が入ることでいかに場のコミュニケーションが変化するか、その「失語症」のような経験をするかどうかがのちのワークに大きくひびいてくる(初日は、こちらのインストラクションが足らず、ただの「おしゃべり散歩」のようになってしまった)。逆にいえば、ほんの数十分でも参加者のマインドセットや身体の状態が変えることができるのだと実感しました。これもある意味では「変身」。インストラクションの与え方ひとつで、変身の幅が変わってくる、そのワークショップの奥深さを実感しました。

他にも、グループで話し合ったことをまとめる模造紙のサイズも重要でした。初日は美術館側が気を利かせて大きい紙を用意してくれたのですが、これだと参加者にとっては「作業」という感じが強まってしまう。模造紙を書くのはあくまで議論のゴールを設定することなので、作業がためにアイディアがしぼんでしまうのはもったいない!それに模造紙が大きいと、自然と「世界観」のような大きいものを描くことになってしまい、内容がふわふわしたものになりがちです。その反省を活かして二日目は紙のサイズを半分にしてもらい、結果として具体的なアイディアを集めることができました。

160508mam023.jpg

大岡山研究会レポート(10月)

Pantheon_Masquerade.jpg

9月の研究会レポート

開催:10月26日(月)19:00〜21:30 伊藤研究室にて

渡辺裕『聴衆の誕生』

前回の研究会で、「対話型鑑賞の誕生」と連動したできごととして「作者の地位の相対的な低下」があるのではないか、という伊藤の指摘があった。それをきっかけに、では逆にどのようにして作者の地位は上がったのか、ということが話題になり、この問題に関して音楽をフィールドに論じたこの本を読むことになった。

 

【トピック】

文体・内容そのものが1980年代の雰囲気を反映しているという話から始まり、「作者」「タイトル」を鑑賞WSではどのように扱っているかが話題になった。本題と関係ない話題(けどこういうのこそ面白い)として、作品のオーラは視覚的なものなのかどうか、目の見えない人は不気味の谷を感じるのか、声でかわいいは分かるのか、といった話題が出た。

【研究会を終えて(文=て)】 

 高校生の頃、上海でクラシック音楽のコンサートに出かけたことがあった。ホールに入るとそこには、携帯をいじる人やおしゃべりをする人、通路をかける子供がいたりと雑多な空間が広がっていた。その時、軽い衝撃を感じたのを覚えているが、その衝撃の正体はなんだったのだろうか。改めて考えてみると、私は「クラシック音楽は静かに集中して聴くものだ」と何の疑いもなく信じていたのだと思う。どこでどういう風に刷り込まれたのかわからないが、特にクラシックファンでもない私のような人間にまで深く刻み込まれているのだから、そうとう強力な刷り込みだったに違いない。だからこそ、普段の生活とほとんど変わらないようなふるまいをする聴衆を見て驚いたのだろう。そしてその驚きは、少しの安堵を含んだものだった。良くも悪くもホールに緊張感と威圧感はなく、一見さんが気軽に入っていける雰囲気が漂っていた。そこは、日常と地続きの空間だったのだ。

 

日常と非日常の境界線は必要か?

 美術館やホール、劇場のような場所を訪れるとき、私たちは非日常の体験をしていると感じることが多い。外界から遮断された空間であり、かつ独特のふるまいが必要となる場所だからである。この「普段とは違うふるまい」が緊張感を生みだし、私たちに非日常感を抱かせる要因となっているのではないだろうか。「普段とは違うふるまい」を行ううちに、私たちの中では日常とここは異なる場所であるという線がパッきり引かれることとなる。ホールのような空間で、私たちは極度に集中し、作品を鑑賞する。それはある意味作品が一番見えやすい環境なのかもしれない。しかし、「楽しむ」ということを軸にして考えたとき、リラックスした自分本意な行動をとる聴衆と集中し微動だにしない聴衆のどちらがより音楽を楽しんでいるのかを判断することが果たしてできるだろうか。結局どちらも極端な聴衆であることに変わりはない。どちらかではなく、二つの世界を行き来するようなふるまいもあるはずではないか。

 

移動する曖昧な境界線

 境界線とは何かを考えるとき、興味深い話がある。人間の声帯はビーという機械音のような音を発しているだけのものらしい。声帯の先に続く喉や口の形を変えることでビーという音が声になり、意味を持つ言葉として発せられる。なので、一定の音を出すブザーにガラス管をかぶせ「あ」という声を出すことも可能である。このような実験が音声物理学の分野で行われているという話を聞いたとき、違和感を覚えた。機械やモノが発する音は声ではないという前提があるので、その「あ」という音を「声」として受け取っていいのか困惑した。しかし、その後に声帯を失った人の中には、人工声帯を装着する人がいるという話を聞いた。喉に声帯の代わりとなるブザーのような機械を付け、自分の口の形を変えることで言葉を発するそうだ。そこに違和感はなかった。機械の出した音であろうが、すんなりそれは「声」だと受け取った。何をもって声とするのか、ここには曖昧な境界線が存在する。

私たちは、目の前で起きていることを捉え、自分が持っている前提と比較し、違和感を敏感にあぶり出す。境界線のこちら側とあちら側を見極めているのだと思う。しかし、状況に応じてその線の在りかを変えたりもする。どうやら線を明確に引くことはできないらしいということを無意識のうちに知っている。

 

越境すること

 だが私たちは、「これ」と「あれ」が明確に違うということも知っている。雨が降っていることと雨が降っていないことが明確に違うように、ぼんやりではあるが確かに線が存在していることを知っている。では、どうようなふるまいによって私たちは線を越えていけるのだろうか。

 例えば、異国に旅立ち物理的に越境するとき、見知らぬ土地で多くの出会いがある。知らない言葉に出会い、知らない食べ物に出会い、いい人にも悪い人にも出会う。旅はいつも驚きと発見に満ちている。そして長旅が続いてその土地に少し馴染んできた頃、ふと自分の国を思い出したりするのだ。懐かしく感じたり、いや異国の方が居心地がいいと感じたり、色々だろうが外から眺めてみることで自国がよく見えたりする。そこでやっと、ああ今自分は異国にいるのだと改めて実感するだろう。本当の越境の瞬間である。

 上海のホールでの経験は、私にとって音楽を楽しむとはどういうことなのかを改めて考えてみるきっかけになった。正しいと思っていた価値観が揺らぎ、彼方に異なる価値観が見えてくる。その差異をもって自分の立ち位置を再確認することにもなった。こうあるべきとか常識とか疑ってみもしなかったことについて、一旦立ち止まって考えてみること。まるで異国に旅立つように、日常の中で知らない場所への小さな旅を繰り返すこと。これが越境するふるまいなのかもしれない。