Macical Mystery Tour

Home Lab

私の手の倫理(13)模倣と伝承の手

油絵と障壁画、浮世絵のクローン
文化財を初めて観てきました。
最先端のデジタル技術と伝統的な
人の模写技術に感性を加えて生まれる
見事な"作品"です。
現存するものを文字通り"手掛かり"に、
修復の手が入る事で広がる世界に
引き寄せられました。

人間と同じく名画も、長く在り続けると
歳を取り怪我や災難に遭ったりも。
劣化、損傷、火災や戦火での焼失…
その甦りには元々の状態の調査、
分析、手色彩など多岐に渡る工程が。
衣食住も今より整っていない時代、
自然や命に意識を研ぎ澄ませ、
制作に没頭したであろう先人達の手。
ゴッホの絵画では絵の具の独特な
盛り上がりに力強い色彩、タッチの
連なりを現代のデジタルが学習して
手仕事も織り交ぜた再現が。
戦前のモノクロ写真だけが残る
「芦屋の〈ひまわり〉」はお馴染みの
〈ひまわり〉を元に、本人の魂の宿る
鮮烈な作品になりました。

クローンでは作品の抱えている経年や
臨場感も画面に刻まれています。
他にもモネ、セザンヌなど
絵画と見る人を仕切るガラスが
無いものも多く、少し強気の姿勢で
うねる筆致や佇み語る色彩を近くに
寄って目に触れられるのは
嬉しい限りです。
うっかり触ったら怒られる様な
高価な一点ものを恐る恐る…でない分
触れ感じる、の敷居が下がって視覚の
触覚が開き易くなりました。
見知っている筈のものが又違って
見えての気付きもあります。
魅力の本質を掘り起こし整え、
数を増やせもする技術の手。
これで名画や文化財が再生出来て
同時に複数の場での展示も可能に。
実際に作品を見る人や知られる時間も
圧倒的に増えるでしょう。
時空を越えて繋ぐ手の出現と活躍で、
私達と美術との関係性が変わる
凄さ面白さが今後も楽しみですね。

(Y.I.さん)

セラフとラジオとおしゃべりと

20191221232120-thumb-650xauto-510-2.png

長年の相棒だった盲導犬のセラフと2020年の10月にお別れした西島玲那さん。セラフとすごした時間について語り合うラジオを開設しました。その名も「セラフとラジオとおしゃべりと」ラジオ。私は聞き手として、その大切な作業に並走させていただいています。毎回異なるタイトルコールや歌コーナにも注目!編集は研究室の浅見くんが担当してくれています。

セラフとラジオとおしゃべりと①(2020/12/28)

セラフとラジオとおしゃべりと②(2021/1/8)

セラフとラジオとおしゃべりと③(2021/1/21)

セラフとラジオとおしゃべりと④(2021/2/8)

セラフとラジオとおしゃべりと⑤(2021/2/24)新潟逃避行

セラフとラジオとおしゃべりと⑥(2021/3/3)東日本大震災の日

セラフとラジオとおしゃべりと⑦(2021/3/19)Bluetooth

セラフとラジオとおしゃべりと⑧(2021/4/10)初のゲスト:よしひろさん

セラフとラジオとおしゃべりと⑨(2021/4/21)ゲスト:なかむらさん

セラフとラジオとおしゃべりと⑩(2021/5/13)セラフとストライキ

私の手の倫理(12)噺の手

高座を初鑑賞しました。
座布団から動かずに繰り出される
喋りが人、動物、もの、景色の
情感を発して引き込みます。
これは落語家さんの"手"だなぁ、と
感じました。

まぁ近頃は…と昨今の事を
ほぐす言葉で軽快に歩み寄り
〜なのでごさいます、と情景を
引きで見せる滔々とした語りが
こんな風かな?と映像を脳内に
招き立ち上がらせてくれます。
話では旦那、おかみさん、娘さんに
小僧さんらが瞬時に入れ替わり
次々に出現。
声の強弱、早さ、上げ下げ次第で
本人と呼び掛け相手の距離感に
表情迄もが浮かんで顔の向きに視線、
背景はどんなか、が一変。
お(→)い!と、お(⤴)い!の声ひとつ
でも意識の伸び縮み感がまるで違う
面白さがあります。
例えば頼み事の時。
どうよ?と座った膝を軽く
手の先でつつかれるのと、
おねげぇしますよぉ!と懇願されて
肩を揺すられ腕を引っ張られ…
みたいな異なる手の使い方の
ニュアンスです。
ねぇお前さん、的な時には
顔が色っぽくなるのと同時に
声の目配せに揉み手もありますね。
からん、ころん…の下駄音も
高いか低いか、早いかゆっくりかの
声で軽やかにもおどろおどろしくにも
歩かせ方が変わってきます。

縦横無尽にやって来て導く言葉に
巻き込まれ笑いや拍手が
湧き起きるのも、反射的にいいぞ!
良く言った、そう来るか…を
多さや長さで客席から飛ばす
まさに手応えになっています。
心揺さぶり掴み遊ばせてくれる
噺家さんならではの声の手。
席に居ながら意識を引かれ
出逢う新たな時空の景色。
自由に描くそれらに包まれる
何とも楽しいひとときですね。

(Y. I.さん)

私の手の倫理(11)

私は、30代から医療機関の事務職として働き始めました。
事務職とは、患者さんを介助したりケアしたりすることは一切できない職種です。
しかし、私が病棟の事務として勤務をはじめてから、体にふれることはありませんが、入院期間が長く、いつも同じような生活の繰り返しを強いられている患者さんたちは、よくデスクに座っている私に話しかけてくれました。

まるで、「私の心にもっとふれてください」とでも訴えるかのように。

そんななかで私は気づきました。

いつも定位置で働く自分だからこそ、できること。それは、患者さんに触れなくても、心の泉や光、闇、しこり…それらを感じ取れたら素敵だな。体に触れられなくても、心に手を当ててあげることならできる❗と思いました。

そう思うようになってから、私は患者さんの心にふれる機会を自分からつくるようになりました。
中でも比較的自立していて、看護師さんのケアや介助も少なく、手のかからない患者さん、気をつかってわがままや頼みを言えない患者さんに自分から声をかけるようにしました。

すると、それまで一切誰とも話そうとしなかったある人が、私の名前を覚えてくださったようで、ご自分からお願いごとを私にしてくださいました。
それまでは一言も喋らず、リハビリのないときはずっと部屋にいた方だったのに。
その患者さんいわく「リハビリの担当の職員さんが、いつもあなたの話をしてくれていたから。明るくて話しやすくて頼りになる事務員さんだよ、と教えてくれた」と。

嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。
その頼み事以来、その方はよくデイルームに来られるようになり、私を見つけるとご自分から心をひらいてくださいました。
病気になる前のこと、これからやりたいこと。沢山お話してくださいました。

その方がご退院されて、1ヶ月後。外来に用事があり、あるフロアを歩いていたら、偶然その方のご両親がおられ、私を見つけると、急いで寄ってきました。
「今、息子は診察前の検査中だけど、診察おわったらあなたに会いたい、元気な顔を見せたいって言っていたから必ず病棟にいきますね」そう笑顔で仰られていました。

約束どおり、患者さんとご両親は
病棟に来てくださいました。
エレベーターが開くやいなや、車椅子を素早く動かして来てくださり…「Kさん、僕、お礼の気持ちががいいたかったです」
そういって、ハグをしてくださいました。私も…思わず強く抱き締めて泣いてしまいました。

ありがとう、ありがとう。
私にあなたの心をおもいっきり触れさせてくれて。
ありがとう、ありがとう。
私の心の、1番あったかい所をみつけてくれて。

そんな私は翌年から、介護職員になり、高齢者のかたの心とからだにふれています。

(Y.K.さん)